コンバーチブルノートとは

Pocket

コンバーチブル・ノート

コンバーチブル・ノート (convertible notes)とは転換社債の一つであり、事前に定められた転換価格によって株式に転換できる権利が付された社債を指す。最近シリコンバレーにおけるスタートアップの資金調達方法として広く利用されている。

スタートアップ側がコンバーチブル・ノートで資金調達を行うメリットとしては、調達時点でのバリュエーションを決める必要が無いため、時間や手続きのコストを削減できる点、また企業価値を高めてシリーズAラウンドで優先株による資金調達を実行出来れば、社債は株式に転換されるため返還の必要が無い点などがある。(シリコンバレーでは、例え株式に転換できなかった場合でも、社債の返還については追求しないことが暗黙の了解とされているらしい)

対して投資家側のメリットとしては、当たり前ではあるが企業価値が上がれば株式に転換し、そうでなければ社債として保有するという選択ができるという点、また株式に転換する際に事前に決めた割引率で株を取得する権利が得られることが挙げられる。成長するかの判断が難しいスタートアップへのシード段階での投資について、リスクを下げる効果もある。

国内でもシードアクセラレーターからの資金調達方法として、一部ではコンバーチブル・ノートが採用されるようになってきていると言われるが、まだ一般的とは言い難い状況でもある。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>