スタートアップに朗報!PR TIMESからプレスリリース配信と掲載が無料になるプログラムが発表

Pocket

 スタートアップに朗報!PR TIMESからプレスリリース配信と掲載が無料になるプログラムが発表

スタートアップ経営者として、またスタートアップ投資を行う投資家としても活動している私ですが、いずれの立場でも共通して大事だな〜と最近感じているのが、広報・PR活動です。

私自身もそうでしたが、スタートアップを立ち上げる人はみな、自分のサービスに対して成功の可能性を感じています。だからこそ、プロダクトを出せば自然と一気に利用者や顧客が広がるはずだ、と考えがち。ところが、そんなケースは稀で、大半は残念ながら思ったほど広がらない訳です。そこで初めて、広報やPR活動の大切さを痛感するということが少なくありません。プレスリリースを出してもメディアに取り上げられない、そんなことは日常茶飯事なんですよね。

あくまでサービスやプロダクトを磨くことの方が圧倒的に重要ではあるのですが、成功しているスタートアップの共通点として、広報やPR活動によって利用者および顧客を獲得していく活動にも相当注力していると言えます。

とは言え専任の広報スタッフを置くほどの余裕は、特にシード期のスタートアップには無い訳で。

そこで今回ご紹介する「PR TIMES スタートアップチャレンジ」は、そんな悩みを抱えるスタートアップ経営者におすすめのサービス!直接PR TIMESの方にご紹介を頂いたのですが、せっかくなのでブログで書かせてもらうことにしました。

PR TIMES スタートアップチャレンジ

ざっくり言えば、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」が、スタートアップ情報メディアでおなじみの「THE BRIDGE」と提携し、THE BRIDGE内でプレスリリースコンテンツの掲載が行われるようになった、ということです。

スタートアップがPR TIMESでプレスリリースを配信すると、自動で「THE BRIDGE」内の「PRTIMESタブ」にコンテンツを掲載することができるとのこと。

それから、スタートアップ限定でPR TIMESへの掲載が無料になるサービスについても発表がありました。以前から、条件をクリアすれば無料でプレスリリースの掲載が可能な「PR TIMES スタートアップチャレンジ」というサービスを提供していたとのことでしたが、今回その条件を大幅に緩和したそうです。

 スタートアップに朗報!PR TIMESからプレスリリース配信と掲載が無料になるプログラムが発表
ミッション1の「企業のフォロワー数」とは何ぞや?という点については、以下のルールとなっています。

企業のフォロワーとは?
PR TIMESサイト内であなたの企業のファンを募ることができます。
Facebookアカウントを持つユーザーが企業をフォローすると、フォローした企業のプレスリリースを受け取れます。(※PR TIMES内の機能です。)


PR TIMES独自のフォロー機能が存在し、10人以上にフォローしてもらえるとミッション1をクリア!ということのようです。ちなみに以前は50人以上という、割とハードな条件だったそうです!

もうひとつのミッション「24時間以内に500UU以上」については、周囲の人に呼びかけ、頑張ってシェアする感じになりそうですね(笑)

プレスリリースの掲載

実際のところプレスリリース配信サービスについては、無料での配信が可能な事業者も幾つかあります。PR TIMESは基本有料ですが、プレスリリース配信だけでなく有名媒体への掲載までセットで提供している点が特徴的です。

 スタートアップに朗報!PR TIMESからプレスリリース配信と掲載が無料になるプログラムが発表
無料で配信だけでなく、掲載まで無料で可能になるのはありがたいですね。

スタートアップ各社はぜひ、「PR TIMES」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

スタートアップチャレンジ
http://prtimes.jp/startups/

私が運営するベンチャー投資ファンド「ソラシード」について

 スタートアップに朗報!PR TIMESからプレスリリース配信と掲載が無料になるプログラムが発表

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>