部屋のコーディネートや家具を写真で共有する「RoomClip」が1億円の資金調達!

Pocket

 部屋のコーディネートや家具を写真で共有する「RoomClip」が1億円の資金調達!
RoomClip」はユーザーが自身のインテリアコーディネートを簡単に投稿できる写真共有サービス。
本日、この「RoomClip」を運営するTunnel株式会社が、フェムトグロースキャピタルから1億円の資金調達を実施したと発表がありました。

インテリア写真共有サービス「RoomClip」運営のTunnel株式会社、1億円の資金調達を実施

RoomClipへは、2012年1月にサムライインキュベート及びサイバーエージェントベンチャーズがシードでの投資を実施。ちなみに代表取締役の高重さん他、創業メンバー3名は全員東大出身です。

リクルートでインテリアサイトの立上げに関わった自分としては見逃せないリリースです!笑

スポンサーリンク





RoomClipの魅力

 部屋のコーディネートや家具を写真で共有する「RoomClip」が1億円の資金調達!

現在、ユーザー数約13万人(スマホアプリのダウンロードベース)という規模に成長しており、約7割が女性ユーザーとの事。以前、代表の高重さんに利用者の特徴を伺ったところ「主婦の利用者が多い」という事を仰っていました。

また、資金調達後の戦略として、インテリアの商品情報やリンクを追加できる機能を実装すると発表されています。写真を見て楽しむだけでなく、気になった商品の購入まで可能にするとのこと。最初はアマゾンのAPIから情報を引っ張ってくるようです。

企業アカウント

個人的に注目したのは企業公式アカウント。
インテリア好きが集まるRoomClip上で、インテリア写真や商品情報の掲載によってユーザーとのコミュニケーションが可能です。

こちらは家具メーカー「オークヴィレッジ」の公式アカウントページ。他にもベルーナ等が公式アカウントを開設しています。

 部屋のコーディネートや家具を写真で共有する「RoomClip」が1億円の資金調達!

家具メーカーや小売店がこのサービスを利用するメリットとしては、「ファンの可視化」が実現できることでは無いかと。例えばオークヴィレッジをフォローしているユーザーが誰で、その人は実際にどんなインテリアコーディネートをしているのか見ることが出来ます。以下はフォロワーの一覧画像です。

 部屋のコーディネートや家具を写真で共有する「RoomClip」が1億円の資金調達!

ちなみに月額の基本利用料は15万円とのこと。今後、マネタイズの手段として公式アカウントを積極的に推進していくものと思われますが、ユーザーにとっても交流できるメーカーやショップが参加してくれるのは歓迎なはず。

インテリアは「誰もが知っているブランド」って非常に少ないんです。ブランドでの検索クエリ数もファッション等に比べて見劣りしますし。ブランド認知が少ない分、潜在顧客といかに関係を築けるかが重要なポイントだと思いますので、この取り組みがインテリア業界における新たなブランディング手法になるか、非常に見物ですね。

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

1 comment

  1. Pingback: インテリアのまとめ系コンテンツが満載の新サービス「iemo イエモ」に注目! | CyberTimes [シバタイムス]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>