競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ

Pocket

ここ最近のスタートアップの状況を見るに、間違い無く激戦区となりそうなのが
CtoCのフリマアプリ市場

ヤフオクの成長が横ばいになり、モバオクが停滞する中、スマートフォンの台頭によって従来よりも格段にユーザー体験の向上が可能になった事から、直近でもメルカリなど注目サービスがリリースされている、非常に注目の市場だと思います。

そこで今回、CtoCのフリマアプリ市場について各プレイヤーの状況を調べてみることにしました。

スポンサーリンク




Fril(フリル)

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ
現在、恐らく最も勢いがあると思われるフリマアプリがこの「Fril(フリル)」です。

スタートアップ育成プログラム「Open Network Lab」から生まれ、2012年の7月に提供を開始。
女性限定のフリマアプリとして、女子大生やOLなどを中心に流行している注目のサービスです。

フォロー機能によってソーシャルコマースの要素を取り入れており、お気に入りのユーザーの出品アイテムをタイムラインで閲覧することが可能です。その操作性は写真共有アプリのよう。また、他のアプリ同様、写真を撮るだけで非常に簡単に出品が出来るという点も受け入れられているポイントだと言えます。

2013年3月末の日経によると、1日で既に3,000以上の売買が成立しているとのこと。
また、平均単価が約3,000円という事なので、1日で約1,000万円の取引が発生していると考えられます。
マネタイズは、出品者側から販売した商品代金の10%を手数料として差し引く形のため、
単純計算で1日の売上が100万円になりますね。ローンチして1年経っていない時点でこの売上を実現するのはスゴい。


メルカリ

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ
こちらは2013年7月にローンチされた、個人がスマートフォンを使って商品を出品・購入できるフリマアプリ「メルカリ」。

元ウノウ社長の山田進太郎さんがZynga Japanを退社後、新たに開始したKouzohというスタートアップからリリースされたサービスということで、注目を集めています。

特徴としては、他のフリマアプリのように特定の層やジャンルにターゲットを絞る形では無く、オールジャンルでの展開という点。また、エスクロー決済を導入することによって、個人間取引における重要な要素である安心・安全なサービス性を打ち出している点でしょうか。

手数料は現在、プレオープン中につき無料とのこと。
今後は出品した商品価格の10%を販売者が支払う形になるようです。

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ

毎日フリマ

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ
サイバーエージェントが2012年10月にリリースした「毎日フリマ」は、主婦層をターゲットにしたフリマアプリ。

サービス提供開始からわずか約5か月間で流通総額3億円を突破したというリリースが出ており、活発な取引が行われている様子が伺えます。出品の8割が女性向けファッション関連とのこと。

特徴としては、何と言っても手数料が無料であること。
10%程度の手数料を販売者から徴収している他のフリマアプリと違い、売り手側も買い手側も手数料を気にせず売買が出来る点がユーザー側にとって大きなメリットになっているかと思います。なぜ無料なのか、どうマネタイズするのか非常に気になるところですが、恐らく、まずはマーケットの拡大と活発なユーザーの獲得に努めるという戦略なのでしょう。サイバーエージェントが掲げる「デカグラフ構想」の一環として、単体でのマネタイズを求めずAmeba全体で巨大なパイの獲得を推進するという方向性なのでは無いかと推測します。


LISTOR(リストア)

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ
インキュベイトファンドが開催するIncubate Campの第二回キャンプ時に採択された、Whyteboard社が提供するLISTOR
※Incubate Campについては以前のエントリー(Incubate Camp 5thで優勝してきました!)を参照下さい

元々はWhytelistというサービス名でブラウザベースでの展開を行っていましたが、iPhoneアプリのリリースを機にLISTORへと名称変更。
ファッション(ブランド古着)に特化し、商品の最低登録価格が5,000円以上というルールを設けたとのことです。
また、Facebookアカウントの利用を前提としたサービスであるため、ソーシャルコマースの要素を持ちつつ、個人間取引の安全性を担保するという方向性が伺えます。

販売手数料は、販売者から販売価格の5%を、購入者から10%を得る仕組みのようです。

他のフリマアプリが女性をターゲットとしている中で、このLISTORでは男性ユーザーの利用も想定した作りになっています。実際に出品アイテムを見ても、だいたい男女半々くらいでしょうか。男性ユーザーの利用や価格制限など、デザイン等も含めて他社との差別化を明確に狙ってきていると感じます。


Prima(プリマ)

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ
子ども服に特化したフリマアプリ「Prima(プリマ)」は、2013年4月にAndroid アプリの提供を開始。

ターゲットは小さな子を持つママで、赤ちゃん用の洋服などが売買されています。成長に伴ってすぐに着れなくなってしまう子供服は、CtoCコマースとの相性も良さそう。販売手数料は商品代金の10%だそうです。

ちなみに先日、同様の子ども服フリマアプリ「ママモール」がリリースされています。CtoCフリマアプリ市場において、ターゲットや商品ジャンルの細分化が今後ますます進む可能性もありますね。


CtoCフリマアプリのサービス比較

ここまで見てきた各サービスの比較をざっくり一覧表にまとめてみました。
商品ジャンルとしてはやはりファッションが多いですね。販売手数料についてはLISTORのみ販売者と購入者の双方から徴収している点が興味深いなと。

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ

CtoCフリマアプリ市場の考察

個人的には非常に成長する可能性の高い市場だと思っています。
その理由は、以前こちらのエントリーでも書いた通り、

・需要喚起型のコマースを実現できる可能性がある
・楽天やアマゾンに対する「価格の優位性」と「品揃えの差別化」が図れる

という2点が挙げられると考えます。

現在のECは欲しいものが既にある程度決まっているユーザーに対して、一番安い価格を提供することが勝負の分かれ目になっています。まさに楽天やアマゾンの土俵です。一方で、欲しいモノが決まっていないユーザーの需要を喚起するようなモデルはまだまだ勝機があると思います。

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ
フリマアプリによって新たなユーザー体験を提供すること、つまり暇つぶしにスマホアプリを立上げ、雑誌を見る様な感覚でスクロールしながら「眺める」というユーザー体験が、需要を喚起するという部分にマッチするのでは無いかと。特にフリマアプリであれば、お気に入りの出品者をフォローするなどの機能を提供することで、より人物ベースでの(FacebookやTwitterを見ている感覚での)ユーザー体験を提供することが可能と考えます。

また、1円でも安く買いたいというのがユーザーの心理ですから、同じ商品を扱うとどうしてもユーザーは大手ECモールに流れてしまいますが、フリマであれば楽天やアマゾンとの価格差でも優位に立てますし、品揃えの差別化も図れます。これはヤフオクが非常に大きな流通額を実現している事で証明されていると考えますが、フリマアプリであればカメラ機能で簡単に出品することが出来ること、オークションと比較し出品や取引の難しさ、手間を軽減することが出来ることから、ネットリテラシーが高くないユーザーからの出品が増える事も予想されるかと思います。

という事で

CtoCフリマアプリはスマホに相性の良いサービスである事から、今後レッドオーシャン化が進む市場になるのでは、と推測します。
次に起こるのはニッチ化でしょうかね。個人的にはインテリアのCtoCとか出てこないかなと思うんですけどね。配送の手間と送料の負担が大きいこと、ファッションに比べてアイテムの流通が少ないので出品数のボリュームが出せないという懸念点がありますけど、暇つぶしにスマホでインテリアを眺める体験はアリだと思ったり、引っ越しの際に家具を有料の粗大ゴミで捨てるのがいつももったいないと思ったりしているので。


無料でレスポンシブ対応のホームページが作れるWix

 競争激化が予想される「CtoCフリマアプリ市場」の注目サービスまとめ

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

1 comment

  1. Pingback: リユース市場に風穴を開ける?新たに注目されるCtoBtoCは成功するのか? | スモールビジネスのための集客方法、スマホ活用術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>