「Author Rank(オーサーランク)」が今後、SEOのカギを握るかも?

Pocket

昨年からのパンダアップデートやペンギンアップデートなど、Googleが明確に打ち出している

ユーザーの役に立つ良質なコンテンツ」を上位表示させるという方針。

その精度を深める新たな施策として「Author Rank(オーサーランク)」の
将来的な導入の可能性が示唆されています。



スポンサーリンク




Author Rank(オーサーランク)とは

一言で言うと、「コンテンツ著作者へのランク付け」です。
サイトの評価だけで無く、その著作者への評価を加えるということ。

つまり「誰が書いたか」も重要な要素になるという事のようです。



まだGoogleが公式に存在を認めているSEO評価指標ではありませんが、専門家の間では近い将来、SEOの評価対象として導入されるのではないかと言われているようです。

その根拠としては、2011年から検索結果に著作者情報を表示するようになったこと(rel=authorの導入)、Google+への注力、それからSocialGrappleというソーシャルグラフの解析に強みをもった企業の買収、これらがAuthor Rank(オーサーランク)導入の布石だろうという事らしいです。

実際に、Googleのスパム対策チームを率いるマット・カッツ氏から「Googleは長期的にAuthor Rank導入に取り組む」という見解が昨年示されているみたいです。

これにより、検索順位を上げることだけを目的としたスパム的なコンテンツや外部リンクなど、小手先のSEOがますます通用しなくなるのでは無いかと。
低品質サイト量産やリンク購入によるSEOの時代は終わり、地道に積み上げた努力が「個人への信頼」として検索結果に反映されるようになる、というのは歓迎すべき未来だと思います。

また、Googleの「コンテンツの質」を重視する方向性から、コンテンツマーケティングに対する注目度も高まってきているように感じます。このコンテンツマーケティングを実践するにあたって、「Author Rank(オーサーランク)」の導入によりこれまで以上に書き手が重要視される時代が来るかもしれません。



Author Rank(オーサーランク)への対応

とりあえず今から出来る対策として「著作者情報」の設定を行っておくのも良いかと思います。

その方法ですが、まずGoogle+の設定を行います。

Google+の「プロフィールの編集」から「投稿先」→「カスタムリンクを追加」に進みます。
該当する箇所にご自身のサイトURLを登録し、「保存」で完了です。

次に、サイト側の設定です。コンテンツとGoogle+のプロフィールを関連付けるため、HTMLのheadに下記のコードを入力します。

<link rel="author" href="https://plus.google.com/プロフィールページURLの数字部分" />

以上で設定は完了です。



Author Rank(オーサーランク)の気になる点



 「Author Rank(オーサーランク)」が今後、SEOのカギを握るかも?

有識者の予想では、Author Rankの評価はGoogle+における被サークル数やシェア数などが重視されるようです。

実際にAuthor Rankが導入されたら、「SEOのためにGoogle+を積極活用しましょう!」的な流れになるような気がしますが、それも何か違う気がしますね。。

また、当然企業のマーケティング活動に活用するケースが想定されますが、その場合は誰が著作者になるのか。現在の仕様では個人アカウントでの利用に限定されていると思うので、一般企業の対応が難しそう(仕様が変われば別ですが。)

加えて、Google+のプロフィール写真は顔写真で無ければならないと言われているようです。信頼性の担保という部分なのかもしれませんが、「顔写真を出さなければSEO効果が下がります!」という話になるのも何だか違和感があります。



という事で、未知の部分が多いAuthor Rank(オーサーランク)。まだどんな仕組みになるのかは分かりませんが、とにかく重要な事は良質なコンテンツを作り続けること、これに尽きるかと思います。

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>