【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!

Pocket



 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!
良質なオウンドメディアを展開する企業についてご紹介する連載企画。

第二回目は、あのGunosyのUIデザインに携わるなど、スタートアップ界隈で非常に評価の高いUIデザイン会社であるGoodpatchさんのブログ「MEMOPATCH」です。

スポンサーリンク




オウンドメディア事例 – MEMOPATCH


かなり最先端なUIデザインを提供されている企業ですので、MEMOPATCHで紹介されている内容も非常に切り口がユニークで、かつタメになる内容が多いです。

特にMEMOPATCHの代名詞と言えば、人気シリーズである

新しいものが大好きなグッドパッチで◯月に話題になったアプリ、サービス、デザインまとめ

でしょう。毎月、海外サービスを中心に注目すべき面白いサービスをまとめて紹介してくれます。
私の場合はだいたいGunosyでこのシリーズを見かけるのですが、それだけ毎回反響の多いシリーズになっていると思われます。

 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!

ターゲット設定とコンテンツ

MEMOPATCHは自社ブランディングを兼ねたデザイナー採用が目的のメディアなのでは無いかと感じます。

UIデザインのサービスを企業に対してアピールするというよりも、一緒に働くメンバーを募集するための色合いが強いという印象。

ブログの右カラム最上段と、さらに記事下にも採用告知枠を掲載されていますし、

 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!
 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!
コンテンツのタイトルも、「UIデザイナーに見てほしい」などのキーワードが盛り込まれている記事があるため、内容的にはやはりデザイナーの興味を惹くようなものが多いなという印象です。

 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!
具体的には以下の記事が非常に秀逸!webデザイナーなら思わず見てしまう優れたタイトルと、非常にまとまった内容がバツグンだと思います。

 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!
上記の通り、はてブが200超え、TwitterやFacebookの数値も非常に高い水準です。

また、「あとで読む」系ツールPocketの数が異常に多いのは、純粋にPocketユーザーとの相性が良い(アーリーアダプター層)のと、「まとめ記事」の特性が関係していると思われます。まとめ記事はボリュームが多くなる傾向があるので、「今は読めないけど後で時間のある時に読もう」というユーザー心理から、はてブやPocketが押されやすいというのがあるのでしょう。

しかしデザイナー向けとは言え、デザイナーじゃなくても面白いコンテンツが多いところが素晴らしいなと。

SEO観点

恐らくですが、主に検索での上位表示を狙っているキーワードとしては、

「UIデザイン」「UIデザイナー」

あたりかなと思われます。

自社採用を目的としているのであれば、転職を考えているデザイナーが検索するであろうこれらのキーワードで、ブログのコンテンツが上位に表示されているかという点が気になるところです。

実際に「UIデザイナー」で検索してみたところ、10位以内にMEMOPATCHのコンテンツが2つ入っていました!(9位と10位)

 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!
上述の通り、公開後にソーシャルメディアでコンテンツの拡散を図り(フロー流入)、その恩恵を受けて対策キーワードでの上位表示(ストック流入)を実現できるかが、オウンドメディアを展開する上での重要なポイントになるかと思います。

実際にはFacebookやTwitterではリンクにnofollow属性が付くので直接的な被リンクのSEO効果は期待できませんが、それでも拡散されれば多くのナチュラルリンクを結果的に獲得することにつながるはずですので。

まとめ


オウンドメディアを採用に利用するという試みは非常に面白いですし、可能性があるなと感じました!

ユーザーとオウンドメディアのフリークエンシー(接触機会)が多ければ、それだけユーザー側の心理的な距離感が縮まりますので、採用につながりやすいはず。それに、自社メディアを通して社風や特徴を発信することで、自社の考え方とマッチした候補者が来る可能性が高まる効果もあると思います。

採用候補者の「数」も「質」も同時に高められる良い取り組みなのでは無いか、と勝手に推測させていただきました。

ということで、月末のまとめ記事、次回も期待しています!


無料でレスポンシブ対応のホームページが作れるWix

 【オウンドメディア事例】グノシーのUIデザインを作ったグッドパッチ社のブログ「MEMOPATCH」に注目!



ぜひソーシャルメディアへ記事の共有をお願いします!

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

1 comment

  1. Pingback: 【オウンドメディア事例】EC支援事業で急成長中のアラタナ社が運営する「アラタナ24h」 | CyberTimes [シバタイムス]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>