【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

Pocket

2011年12月に史上最年少の25歳でマザーズ上場を果たしたリブセンス村上社長。

その素顔に迫る「リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事」を読了!
今回はこちらを読んだ感想を書きたいと思います。


スポンサーリンク


「リブセンス」の書評

 【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

本書で最も強調されているのは、村上社長が「ごく普通の若者」であるという事。

これまでの「起業家」のイメージである、お金や成功を求めるギラギラした感じが無く、

最近の言葉で例えるなら「草食系社長」と言ったところでしょうか。


本書では村上社長の育ちや性格を通して、現代の若者の価値感(モノやお金に固執しない)を

バブル世代のそれと対比するような形で展開しています。

「お金よりも幸せ。成功よりやりがい」

「普通の人間だから、普通でありたい」

「欲しいのは精神的な豊かさ」

本書でたびたび強調されるこれらのキーワードや、上場が決まってから今までよりも狭い部屋に引っ越した事、普通の大学生が利用するような大衆居酒屋を好むというようなエピソードから、村上社長の人柄や個性が伺えます。

個人的な利潤を追求するための起業では無く、会社を発展させる事によって世の中に価値を提供していきたいという動機が、現代の若者らしくて面白いよね、といった論調のように思います。

逆にリブセンスがなぜ成功したか、というようなビジネス側面からの詳細な記述が少なかった印象です。


尚、アルバイト情報サイト「ジョブセンス」が成功した要因として、「成功報酬型」「採用祝い金」の仕組みが功を奏したというのが本書での記載でしたが、個人的には間違いなく業界トップレベルの「SEO」対策力こそがその要因だと思っています。


そうで無ければ、大手を含む100社以上の競合がリブセンスと同様の仕組みで追従してきたにも関わらず、順調に売上を伸ばす事が出来た理由を説明できません。本書でも「お金をかけずにできるSEOを自分たちだけで徹底的に研究した」という記述がありましたが、SEOにシフトした戦略が結果的に競合との差別化要素となったのでは無いかと思います。

具体的に説明させていただくと、

当初はほとんどサービスの知名度が無かったはずなので、黙っていてもユーザーが使ってくれるなんて事はありません。つまり、まずはサイトに来てもらわない事には始まらないので、

・あらゆる関連キーワードで上位表示させるためのSEOを施す
   ↓

・せっかく来たユーザーの離脱率を減少させる、要は「このサイトは求人数が少ない」と離れてしまわないために「成功報酬型」の仕組みを用いることで掲載求人数を増やす
   ↓

・ユーザーのCVR(申し込み率)を高めるための手段として「採用祝い金」という仕組みを提供する


このサイクルが出来ていなければ、いくら「採用祝い金」モデルがユニークであっても最大限機能しないという構図だと思います。それだけ、ユーザーとサイトとの接点(入り口)となるSEOが重要だと言えます。


ちなみにリブセンスSEO対策研究という記事でリブセンスのSEOに関する詳細が説明されています。



 【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事


 【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンスは現状、求人や不動産といった競合とのポジション取りが熾烈な領域でサービスを展開していますが(まさにリクルートの主戦場ですね)、今後も強みであるSEOノウハウを軸として似た様な領域にサービスを展開するのでは無いかと個人的には思っています。その場合のライバルは先行する競合他社というよりも、googleの検索ロジックとの戦いと言えるかもしれないですね。陰ながら応援してます!



 【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

1 comment

  1. Pingback: 【書評】リブセンス 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 CyberTimes [シバタイムス] | ミリオンハイスクール | ネットビジネス | WordPress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>