【書評】サイバーエージェント藤田社長の「起業家」を読んで

Pocket

サイバーエージェント藤田社長の新著「起業家」を読みました!

 【書評】サイバーエージェント藤田社長の「起業家」を読んで 【書評】サイバーエージェント藤田社長の「起業家」を読んで
実は私、学生時代に藤田社長の著書「渋谷ではたらく社長の告白 【書評】サイバーエージェント藤田社長の「起業家」を読んで」を読んだことがきっかけとなり、
インターネット業界で働くことを決めたという経緯があります。

私にとってのいわばバイブルとも言うべき一冊なのですが、そんな藤田社長が本書「起業家」でその続編を出版された訳ですから、これはもう読まずにはいられない。発売日に購入し、一気に読破しました!

スポンサーリンク




「起業家」を読んで

「全ての創造はたった一人の『熱狂』から始まる」

というキーワードが本書を通して最も重要なメッセージだと思いました。

最後発だったアメブロを業界NO.1サービスに成長させるまでに至ったエピソードが本書の主な内容。
藤田社長を除いて誰も成功を信じていなかった状況において、退路を断って自ら事業を率先し、成功を遂げるまでに対峙した壮絶なプレッシャーや自分自身との葛藤をリアルに綴られています。

藤田社長自身がサービスの未来を信じて疑わなかった、
つまり「たった一人の熱狂」が無ければ、現在のアメーバは世の中に存在していなかったんですよね。


でも、どうしてそこまで「熱狂」することができたのか。
「社長を辞める」と宣言してまで戦うことができたのか。


私自身、前職で二つの新規事業立ち上げに関わりましたが、その両方とも志半ばでサービスを撤退する結果となり、非常に悔しい思いをしました。
果たしてあのとき諦めずに、勝つまでやり続けるという強い意志があったかといえば、、、

正直「無かった」と言わざるを得ません。正確に言うと、「次第に無くなっていく」という表現です。

なぜなら、うまくいっていない事業に対する周囲からのプレッシャーや逆風というものは、想像以上に個人およびチームを消耗させるからです。

雇われの身ですらボロボロになるのですから、経営者として藤田社長が受けたそれらは、想像をはるかに超えたレベルだったのでは無いでしょうか。

それらの外圧を乗り越えられた理由として書かれている事を、本書から引用させていただきます。

何のために、こんなにも我慢を重ね、孤独に耐え、それでも前に進もうとしているのか、
自分でも時折分からなくなる時もあります。

華やかに見えても、現実の日々は我慢と忍耐の連続でした。
かつての同時代の起業家のほとんどは表舞台から姿を消しました。
成功を重ねるたびに孤独の度合いは増してきます。

それでも、なぜ前に進もうとしているのか――。

「それをはるかに上回る希望があるから」

起業家の人生は、その言葉に尽きるのかも知れません。


仕事というのは基本ツラいものですよね。


でも、自分が「熱狂」できる何かを見つけること
その先に見える「希望」をイメージすること


これによって仕事が、人生が魅力的になるんだろうなと、強く感じました。

未来は、明るい!

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>