【書評】ホリエモンの新著『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』から学ぶ思考法のヒント

Pocket

ホリエモンこと堀江貴文さんの仮出社後、第1弾となる著書
金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの? 【書評】ホリエモンの新著『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』から学ぶ思考法のヒント 』を読了。
これまでホリエモンの著書はほぼ全て読んでいるので、今回も条件反射的に購入。

 【書評】ホリエモンの新著『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』から学ぶ思考法のヒント 【書評】ホリエモンの新著『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』から学ぶ思考法のヒント
書籍タイトルのインパクトが強いものの、実際の内容は収監中も発信していた有料メルマガのコンテンツから「Q&A」と「ビジネスモデル教えちゃいます塾」をまとめたもの。

なので、金持ちになる方法を指南する本という訳ではなく、堀江さんの考えるビジネスアイディアや読者からの質問に答える内容それ自体を楽しむという感じですが、その独特な思考法のコツを学ぶことができる一冊だと思います。

スポンサーリンク





獄中から伝えるビジネスモデル

非常にユニークでニッチなものから、その気になれば誰でも取り組めそうなものなど、全部で70を超えるビジネスアイディアが紹介されています。

ご存知の方も多いと思いますが、堀江さんのこれまでの著書や記事などでもよく言われている、起業するにあたっての重要な考え方として「ビジネス4原則」というものがあります。

  • 小資本で始められる
  • 在庫がない(あるいは少ない)
  • 利益率が高い
  • 毎月の定期収入が確保できる

こうした考えがベースとしてある中で、様々な課題やニーズをホリエモン独特の視点で捉え、スマホやSNSなどのツールを駆使した解決策を提示しています。

その中でも私が特に面白いと感じた内容を幾つか転載します。

世界の全人口が対象になる「誕生日」をサポートするビジネス

「バースデイマーケティング社」
〜中略〜 結婚式には「ゼクシィ」やT&Gのようなプロデュース会社があるのに、誕生日が無いというのは不思議だ。だって毎月誕生日というのはあるわけだし、世界70億人がターゲットになるわけだから、ものすごく巨大なマーケットだと思うのだ。

女性が集まる場所に男性は寄ってくる 「きっかけ」を与えてくれる効果的なPR

「ピーチジョンの男性向け下着にインスパイアされて考えた」 
〜中略〜 そこで思いついたのが、プレゼントマーケティングだ。女性の誕生日に下着をプレゼントするのは単なるエロ親父だが、女性が男性に下着をプレゼントするのはアリだ。むしろ貰って嬉しいくらい。だから、女性で下着を買ってくれた人に、男性用下着の無料サンプルを「プレゼントしてみませんか?」と配ってみる。
そうすれば、彼氏とか旦那、友達にプレゼントする女子は相当な数になるだろう。そこで、急激に認知度が上がるはずだ。

ヒットしているスマホアプリをハードとして商品化するだけで売れる

「売れ筋アプリ機能搭載の専用ハード化ビジネス」 
オムロンヘルスケアの「ねむり時間計」という商品が結構な売れ行きらしい。〜中略〜 まったく同じと言っていい機能を持ったスマホアプリが世の中にはいくつもリリースされているのである。スマホを持っていれば50分の1ほどの価格で済むモノをわざわざ専用ハードに搭載して売っても「売れる」のである。
そう考えると、情報弱者向けにスマホ用アプリでヒットしている物を専用ハード化して売るモデルって意外とイケるかも!と思うのだ。

これらは「ありそうで無かった」アイディアだと思いますが、本書でも述べられている「世間の常識」を疑ってみることが出来れば、何も堀江さんだから思い浮かぶ訳で無く、誰でも思いつくレベルだな、と。

「当たり前を疑う」ことを意識的に取り組む・筋トレのように日々の日課にすることで、ユニークな思考法や着眼点を持つという能力が得られるかもしれない、と思いました。

人がまだ気づいていない事に気づけるようになる、これは実際かなりのアドバンテージですよね。


思考法を読み解く Q&A

読者からの100を超える質問に対し、堀江さんのキレ味鋭い回答を見ているだけでも楽しめます。

「金持ちになりたい」という欲求を持っているものの、現状とのギャップに悩んでいる読者の相談が多いように思いましたが、基本的に堀江さんの回答は

「嫌なら辞めろ」
「悩んでるぐらいなら今すぐ起業しろ」
「自分の好きなことをすればいい」
「思考停止するな、常に考えろ」

というズバッとしたものでした(笑)

具体的には、下記のような感じです。

Q. 堀江さんが考えているサラリーマンのメリット・デメリットって何でしょう?
A. 【デメリット】給料安い、出世に時間がかかる、意味なしの権力争い、足の引っ張り合い。
 【メリット】なし。

何とも痛快な回答ですね。

本書のあとがきにも書いてありましたが、多くの読者の質問は「実は正解はわかってるんだけど、その一歩を踏み出すためのキッカケが欲しい」というもののように感じられました。

「現状を大きく変えてしまうことへの躊躇ってのは、並大抵ではないのだろうなあ」というも思ってしまう。

と堀江さんも述べられていましたが、現状を打破するには結局、リスクを許容して行動を起こすしかない訳ですもんね。


なお本書には、夏野剛さんや西村博之さんといった著名人からの「解説」も加えられています。
それぞれ独自の視点で興味深いのですが、個人的には「金融日記」の藤沢さんの解説が面白かった!

興味のある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。



関連書籍はこちら

Pocket

Sponsored Link

Facebookページに「いいね!」して最新記事をチェック

1 comment

  1. Pingback: 〔A〕ABN130503/トルコとも原子力協定へ 首相、UAEに続き | Archelon Books

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>